MacBookPro用の外付けGPUボックスが買える

その名はExternal Graphics Development Kit

やっと時代に追いつきました。

External Graphics Development Kit

External Graphics Development Kit

WWDC 2017が絶賛開催中ですが、macOS High Sierraという冗談のような名前に似合わず、中身は非常に革新的な改革がされるOSになるようです。WWDC記事でも書きましたが、

ハードウェアを使い熟すソフトウェアで勝負するアップル全てのハードウェアをユーザーが簡単に使えるように GoogleにもMicros...
WWDC Metal for EX GPU

WWDC Metal for EX GPU

macOS High Sierra 10.13のMetal 2によって外付けGPUがサポートされます。

そのための開発者KITがこれだ

去年からこれが来るのを待ってました。過去にも記事に挙げています。

拡張性は必要だ New MacBookProはThunderbolt 3が4ポートだけで拡張性がないとお悩みのあなた。これですよ。これ。間...
MacBookPro 2016を買わない理由 買う機会を失ってしまいました。実機も見て触ってきましたが、軽さも薄さも綺麗なディスプ...

MacBookProを選ぶときに13インチにするか15インチにするかはCPUとGPUのバランスで選ぶことになります。

もし、外付けGPUボックスがつながるのであれば間違いなく13インチを選択できます。そう、その外付けGPUボックスが実現しそうです。まだ、External Graphics Development Kitという名前の開発者用ですが、将来的にはユーザーが利用可能だと思われます。これでBootCampでインストールしたWindowsゲームでもnVidiaの1080が使えたり、

macOS High Sierra 10.13のMetal 2によって、Windowsだけしか出来なかったゲームがMacBookProでも可能になれば素晴らしいと思います。ゲームだけではなく私の仕事で利用するCAD/CAM等でも高性能なGPUが利用できれば非常に快適に操作が可能になります。将来的にVRが使えるようにもなると思われます。Apple純正のBOXが出るかは未定です。

長年のMacBookユーザーの願い

長い間、RAZER BLADE STEALTHとRAZER COREを羨ましく思っていましたが、MacBookProでもそれが実現しそうです。そう、MacBookでもゲームしたいんです。サクサクと。

気になる「External Graphics Development Kit」の内容とお値段は下記の通り

  • Sonnet external GPU chassis with Thunderbolt 3 and 350W power supply
  • AMD Radeon RX 580 8GB graphics card
  • Belkin USB-C to 4-port USB-A hub
  • Promo code for $100 towards the purchase of HTC Vive VR headset

これで$599-は安いかもしれません。開発者登録していないと買えません。これを買いたい理由で開発者登録してもいいのでしょうか?

フォローする