MacBookPro用の外付けGPUボックスが買える

その名はExternal Graphics Development Kit

やっと時代に追いつきました。

External Graphics Development Kit

External Graphics Development Kit

WWDC 2017が絶賛開催中ですが、

macOS High Sierraという冗談のような名前に似合わず、

中身は非常に革新的な改革がされるOSになるようです。

WWDC記事でも書きましたが、

ハードウェアを使い熟すソフトウェアで勝負するアップル 全てのハードウェアをユーザーが簡単に使えるように GoogleにもMicros...
WWDC Metal for EX GPU

WWDC Metal for EX GPU

macOS High Sierra 10.13のMetal 2によって

外付けGPUがサポートされます。

そのための開発者KITがこれだ

去年からこれが来るのを待ってました。過去にも記事に挙げています。

拡張性は必要だ New MacBookProはThunderbolt 3が4ポートだけで拡張性がないとお悩みのあなた。 これですよ。...
MacBookPro 2016を買わない理由 買う機会を失ってしまいました。 実機も見て触ってきましたが、 軽さも薄さも綺麗な...

MacBookProを選ぶときに13インチにするか15インチにするかはCPUとGPUのバランスで選ぶことになります。

もし、外付けGPUボックスがつながるのであれば間違いなく13インチを選択できます。

そう、その外付けGPUボックスが実現しそうです。

まだ、External Graphics Development Kitという名前の開発者用ですが、

将来的にはユーザーが利用可能だと思われます。

これでBootCampでインストールしたWindowsゲームでもnVidiaの1080が使えたり、

macOS High Sierra 10.13のMetal 2によって、Windowsだけしか出来なかったゲームがMacBookProでも可能になれば素晴らしいと思います。

ゲームだけではなく私の仕事で利用するCAD/CAM等でも高性能なGPUが利用できれば非常に快適に操作が可能になります。

将来的にVRが使えるようにもなると思われます。

Apple純正のBOXが出るかは未定です。

長年のMacBookユーザーの願い

長い間、RAZER BLADE STEALTHとRAZER COREを羨ましく思っていましたが、MacBookProでもそれが実現しそうです。

そう、MacBookでもゲームしたいんです。サクサクと。

気になる「External Graphics Development Kit」の内容とお値段は下記の通り

  • Sonnet external GPU chassis with Thunderbolt 3 and 350W power supply
  • AMD Radeon RX 580 8GB graphics card
  • Belkin USB-C to 4-port USB-A hub
  • Promo code for $100 towards the purchase of HTC Vive VR headset

これで$599-は安いかもしれません。開発者登録していないと買えません。

これを買いたい理由で開発者登録してもいいのでしょうか?

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告