APFSについて何も書いてないiOS10.3のリリースノートの深い意図

AppleのAPFSに対するポリシーを感じる

ユーザーに伝えなくていい事

iOS10.3のリリースノートには記載がない

全くApple File System (APFS) について記載がありません。

まさかの直前でのファイルシステムの変更断念か?

驚きました。記載されてないなんて。あれほど期待していたのに。。。

まもなく登場のiOS10.3でiOSから先行搭載のApple File System。移行にはAppleらしくみんなが気付かない様に。そう、魔法の様に移行します。知らなくても良い、裏の黒子のファイルシステムを長々、説明してみました。

もしかして、Betaから変更されてAPFSは非搭載?

もしかして、iOS Public Beta 7から変更になって搭載されてない?

と思いましたが、ビルドバージョンを確認して、

  • iOS 10.3 Public Beta 7 (14E5277a)
  • iOS 10.3 GM (14E277)

ほぼ違いもなく、また、念のため、iOS 10.2.1のiPad mini3を

iOS 10.3にアップデートしてみましたが、

「設定」の中の「一般」「情報」の

「曲」「ビデオ」「写真」のファイル数の表示も一瞬で出ますので、

間違いなく、Apple File System (APFS)に変更されているようです。

では、何故、リリースノートに非記載?

自分で少し考えてみました。Appleの意図を。

下記の理由を挙げてみます。

  1. 以前からiOSのファイルシステムはHFS+ですよとも記載していない
  2. ユーザーに告知しなくていい
  3. そもそもファイルシステムの存在を意識させていない

なーるほど。iOSってそういう存在だよなと思いました。

そして、林さんのツイートを見て確信しました。

これ、意図して書いてないんだな。リリースノート。

林さんも何か気づいているはず。Appleの意図に。

Appleはユーザーに意識させないように自然にAPFSへ移行させる

macOSではそういう風にはいかないので、記載する事になるでしょう。

macOS 10.12.5でそうなるか、macOS 10.13に持ち越しになるかは分かりません。

今回のiOS10.3で莫大なユーザーがApple File System (APFS)に移行し、

macOS 10.12.4でもAPFSのドライブ(iPhone,iPad)に対し、

読み書きが可能になっていると思われます。

ここで問題が発生しなければ、史上稀に見るスムーズなファイルシステムの移行になります。

莫大な数のデバイスでApple File Systemが動作し、性能が向上し、

暗号化が強化され、耐障害性も向上します。

より、人々の時間を節約し、レスポンス良くアプリケーションを動かし、

ハードウェアの性能を最大限に生かすようになります。

Appleのモノづくりに対する姿勢

進化(成長)するモノの登場

ソフトウェアの進化で人々の生活は豊かになる。

唯のアップデートです。しかも、無料の。

ですが、人類にとって非常に大きな進歩です。

AIでもない。でも、進化しています。ソフトウェアの変更で。

成長しているデバイスとも言えます。

昔のデバイスも最新のデバイスも恩恵を受けます。

買った後にも進化するハードウェア(物)の登場なのです。

誰にも気づかれないようにAppleはそういう「モノづくり」を実現しています。

iOS10.3 皆さんも早めに1歩進んでみてください。

魔法の様に

魔法の様に

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告