iOS10 対応機種とCPUの関係

そろそろiOS10が来る時期

iPhoneSE-4ColorFan-PR_US-EN-PRINT

Copyright © 2016 Apple Inc.

もうすぐ来月、iOS10が発表されます。

大胆な新しい方法で自分を表現できるメッセージアプリケーション。美しく生まれ変わったマップアプリケーション。かつてない方法で思い出をよみがえらせる写真アプリケーション。iOS 10を使えば、あなたが好きなことすべてを、今まで以上に表現力豊かに、ダイナミックに、楽しくできるようになります。

iOS 10は、以下のデバイスに対応します。

iPhone

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 5

iPad

  • iPad Pro 12.9インチ
  • iPad Pro 9.7インチ
  • iPad Air 2
  • iPad Air
  • iPad 第4世代
  • iPad mini 4
  • iPad mini 3
  • iPad mini 2

iPod

  • iPod touch 第6世代

新OSとCPUの関係

  • A5 (iPhone 4S) 32bit
  • A6 (iPhone 5,5C) 32bit
  • A7 (iPhone 5S,iPad Air等) 64bit (世界初の64ビットARM SoC)

ということは今回のiOS10はA6以降サポートなので、最後の32bit対応OSかも知れません。

来年、2017年以降はApple File System(APFS)が初めてリリースされる年になります。iOS,macOS,tvOS,watchOS共に利用されるこのFile Systemは機能上、32bit OSではスムーズに機能しないと思われますから、4つのOSが全面的に64bit化されると考えて間違いありません。

大事なのはハードウェアの更新

ここで大事なのはそれに伴ってハードをどう更新していくかということです。

答えは2017年以降、完全に64bit化した4種類のOSに適合したハードウェアに買い換えるのがベストです。

MacBookProも久しくアップデートされていませんが、この大々的なOSの変更時期を待っている為です。我々、Appleユーザーもこの時期に慌てず、熟して出てくるハードウェアを待って長く使えるデバイスを入手していきましょう。

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告