格安SIM+WiMAX 2+運用で万全

格安SIM+WiMAX 2+

格安SIMのファミリープランで足りないこと

WiMAXとMacBook達

WiMAXとMacBook達

間に合うか?5月7日まで。2倍の通信量Get!
以前も紹介しました。迷うから選ぶな。これにすべしの「BIG SIM」です。今回はなんと5月7日までの期間限定で6ヶ月通信量が2倍。これであれば独身であればミニマムからスタートして様子を見ることも出来、家族であれば全員で余裕のある20GBを6ヶ月堪能出来ます。

私も格安SIMを活用しています。BIG SIMのファミリープランです。

昔からのユーザーですので、月に10GBの容量を家族でシェアです。

ほぼ、間に合うのですが、ブログの更新や外出先で少しYouTubeなどを見ると

もう、すぐに10GBを超えてしまいます。

公衆無線LAN等の活用も頑張ったのですが、今回、WiMAXを導入しました。

So-netのWiMAX 2+がお得?(台数限定)

なんと、1世代前のW03ですが、1年間2,480円/月で利用可能です。

但し、台数限定ですので、なくなり次第、終了になります。(上の画像リンクから急いで!)

UQコミュニケーションズが「WiMAX 2+」の通信速度制限ルールを2017年2月2日から変更します。これにより、容量のしきい値と通信制限される時間が緩和される一方、制限中の通信速度は厳しくなります。

上記の改定で3日間で10GBで夜間だけ1Mbpsに制限となり、

実質、昼間に利用するユーザーにとってはほぼ無制限となったわけです。

スマホの格安SIM利用の補助的な役割ですので、速度もあまり必要なく、

下り最大440Mbps対応のW04ではなく、So-netの台数限定のW03で十分です。

地下鉄移動中は格安SIMのLTE回線、地上電車やカフェやホテルなどで着席しているときは

WiMAX 2+という風に使い分けることが可能です。

WiMAX 2+は「公衆無線LANサービス」といった位置づけです。

もう一つ嬉しいニュース

UQでは2017年夏をめどに、au 4G LTEエリアでも通信できる

「LTEオプション」(月額1,005円)を無料利用できる対象を拡大する方針です。

UQコミュニケーションズがWiMAX 2+ルーター用に提供している「LTEオプション」。現在「auスマートバリュー mine」契約者限定で無料提供しているこのオプションだが、2017年夏をめどに無料提供の対象を拡大する方針が明らかとなった。

地下鉄・地下街や高速移動中におけるWiMAX 2+の弱点を

au 4G LTEネットワークを使って克服出来るので、これが備われば鬼に金棒です。

但し、このハイスピードプラスエリアモードでは7GB/月の用量制限があります。

あくまで、緊急時の予備としてとっておけば良いと思います。

利用して実際の感想

実速度は50Mbps程度で都内では十分

地下では入りにくかったりしますので、その際はiPhoneのWiFiを切りましょう。

WiMAX2+ W03

WiMAX2+ W03

W03はHUAWEIの製造でNECにWX03のNECに比べて安定するか心配でしたが、

逆にWX03はフリーズ、再起動を繰り返したり不安定な様子です。

W03は非常に安定しており、電池も6時間は確実に持つ感じです。

WiMAXとガジェット

WiMAXとガジェット

電源も昔ながらのmicroUSBプラグのBタイプです。

モバイルバッテリーさえあれば1日中使用可能です。

格安SIMだけの通信量では足りなかった日々から、外でもバリバリ、

ネット接続出来るようになり、外出も楽しくなりました。

皆さんも、是非、格安SIM+WiMAX2+でコンボ運用を利用してみて下さい。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告