MacでのIME「ことえり」じゃないについて

Google日本語入力から移行

Macでの日本語入力環境について
OS X Yosemite以降に今までの「ことえり」から
日本語入力プログラムなる標準IMEとなりました。
もう、「ことえり」じゃ無くなったんです。
OS X El Capitan以降、ライブ変換という機能がついて注目されました。
私もYosemiteまではGoogle 日本語入力を使ってきました。
変換速度が速い事と中国語も少し日本語読みで
変換してくれることが選択の理由でした。
標準IMEもなぜか動きが遅く、変換効率も良くなかったので
やっぱりGoogleだなという事で利用を続けていましたが、
El CapitanからApple純正の日本語IMEに変更しました。

Appleの純正日本語IME

今回のライブ変換機能は本当に便利でスムーズに
日本語に変換してくれております。
Macの標準IMEに戻す決定打はiOS9になり、
iOSの日本語入力の辞書登録がiCloudとスムーズに同期するようになり、
(Yosemite & iOS8時代も機能はあるがスムーズじゃない)
MacでもiPhoneでもiPadでも辞書が同期し,
変換学習も共有して便利ということからGoogle IMEと決別することになりました。

iPhoneからiPad、そして、Macまで

辞書が同期して、変換学習も共有しているので
仕事でも家庭でも本当に活躍してくれています。
入力変換のスピードも最初に使っていた、
Google日本語入力の速度にほぼ近いくらいでサクサク動作してくれています。
しかし、最初の1ヶ月はMac環境でのライブ変換や
微妙なキー操作の違いに戸惑い非常に苦労しました。
これは設定の中にWindows風にキー操作という項目に
チェックが入っていなかったためで、
これを入れれば以前と同様の変換キー操作が可能でした。
現在はサクサクと変換して、業務を遂行しております。
今はAppleの戦略にはまり。完全にApple純正環境に浸かっております。
MacとiPhone、iPadとの辞書同期はiCloudの設定のみです。。。
簡単ですので、皆さんも是非!
スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告