MacBook 12 2015でBootcampが使えるようになった

明けましておめでとうございます

今年、2017年も宜しくお願い申し上げます。

今年はAppleだけではなく、Windows、Androidも積極的に試して見たいと考えております。

また、昨年、iPhone 7にてカメラ環境を一新させて、整理しましたが、やはり、レンズやISP(Image Signal Processing)を強力に進化させているAppleの製品ですが、センサーサイズが小さいことは隠せず、1インチコンデジでは物足りず、APS-Cサイズのセンサーを搭載しているコンデジ(X70かGRⅡ)を入手したいなと考えております。

iPhoneとMacBookを活用しながら、コンデジでも写真を撮り、素人の目線で家族や風景の写真を撮影し、整理し、家族で共有出来る手法を皆様にもお伝えしたいと思います。

  • デジタルデバイスのレビュー
  • iPhone、iPad、Mac、デジカメの連携
  • HDDへのバックアップやNAS等の活用(Apple File Systemの情報)
  • Bluetoothデバイスの活用方法
  • Googleサービスを通じて、Apple機器とWindows、Androidデバイスの連携
  • 中国のVPNサービス情報
  • 世界の変なデバイスやキャリーバック、バックパック情報

10.12.2で改善の様子

Bluetoothドライバーがおかしく、使えなかったMacBookでのBootCampがやっと!

犯人はBluetooth 正確にお伝えするとBluetoothドライバーの不具合です。BootCamp fails to star...

なんと、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)でBootcampが正常になりました。

Bootcampドライバーのバージョンに変更もない様子なのでUEFI(BIOSに変わるファームウェア仕様)の変更で対応された模様

私はWindows 10 64bitの再インストールで確認しましたが、サポートフォーラムではすでにインストール済みのBootcampでも改善が見られるとの情報もあります。

年末、ドタバタしており、macOS 10.12.2の更新時にBootcampまで試せなかったのですが、やっとお正月休みに試す事が出来ました。

Bootcampアシスタント

Bootcampアシスタント

El capitanよりUSBメモリすら不要になり、BootCampアシスタントにWindowsのISOイメージだけで自動でBootCampのWindows環境を作成可能です。WindowsSupport用のドライバーも自動でインストールされます。昔のBootCampに比べてほとんど自動です。

macOS Sierra をお使いのすべての方にこのアップデートをお勧めします。

また、macOS 10.12.2より

  • 対応の Mac で Boot Camp を使って Windows 8 および Windows 7 の新規インストールが可能になります。

とのことで、Windows10以外でもBootCampが可能になりました。

お正月だからゲーム

BootCampでWindows10を入れましたが、仕事をする気は起きないのでSteamでゲームをすることにします。

Age of Empire Ⅱです。

Age of Empires II は Steam トレーディングカード、進化した AI、Steam ワークショップへのサポート、マルチプレイヤー機能、Steamworks ツールの統合など、さまざまな新機能を搭載し、新たに高解像度へと生まれ変わりました!

大学時代に熱中していたゲームです。あの時代よりPCも早くなっており、ソフトも改良されマルチスレッドにも対応されAIも賢くなっているようです。

Parallels Desktopも高速で便利だけどやはりゲームをするならBootCampかな。

Steamは簡単にゲームを買う事が出来ますので、正月はパソコンでゲームを試してはいかがですか?スマホゲームより楽しいものもたくさんありますよ。

フォローする