ルーズリーフと万年筆

文房具について

紙の資料が多い場合はこれが最適

中国に来てから仕事にはたくさんの紙の資料を持ち歩くことが多いです。

当然、iPadやいろいろなデバイスを活用していますが、やはり最終紙を使います。

そこでお薦めなのが、マルマン ジウリスバインダー汚れにくい革カバーは大変、

重宝しています。

A5サイズなのは出来るだけ、持ち物は軽く小さく済ませたい為。

中のルーズリーフも高品質なジウリスを選べは

その紙質は素晴らしく(価格も素晴らしいが)書き味も質感も最高で

日本の魂を感じます。

筆記用具はこれ

今年になってから、ボールペンから万年筆へ変更しました。

このバインダーに合う、細い軸の万年筆を探しました。

それはこれです。

とっても似合います。

万年筆は持ち歩きしても、そんなにインクこぼれないんですね。

初めて知りました。

少しは日本製の良い道具を持ち歩いて、中国での仕事を頑張る為の励みにしたいです。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告