魔法?iPhoneの写真容量を削減!

iPhoneの容量が足りなくなる

何年もiPhoneを使ってると容量が足りなくなりますよね?

一般的に普通の人はほぼ写真の容量ですね。

音楽とかアプリで容量が足りない方はマニアックな人です。

そのような玄人の方は御自分で解決出来ますね。

今回は普通の人にオススメなiPhoneの容量削減方法です。

Google Photo-Logo

Google Photo Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

Googleフォト

Googleのフォトというサービス&アプリを利用します。

Google Photo

Google Photo

Googleのアカウントを持っていることは必須ですが、

アプリのインストールは簡単です。

パソコンやMacのアプリもありますが、

パソコン内の写真をアップロードするためのもので、

基本的にWebブラウザ上で閲覧、操作するものになります。

アップロードさえ終われば

Windows & Mac & iPhone & Android & iPadで

どれでも同じように写真ライブラリを見られます。

家族や友人とも共有アルバムを作れます。

Googleフォトのブラウザ上での機能は

また、次回、詳しく説明するとして今回は容量削減!!!

容量削減の方法

インストールすると下記のように

写真データへのアクセスを求めてきますので

OKと承認してあげて下さい。

iOS Google Photo

iOS Google Photo

バックアップのアップロードサイズは

高画質(無料、容量無制限)で

家庭用には十分綺麗です。

バックアップと同期の設定画面

バックアップと同期の設定画面

ご自宅の無線LAN環境でバックアップを行って下さい。

終わりましたら、設定の中に端末の空き容量の管理とあります。

端末空き容量の管理画面

端末空き容量の管理画面

ここの空き容量を増やすというところを押すと、

ファイルの削除確認

ファイルの削除確認

このようにiPhoneの中の写真を消しますよと言ってきます。

迷わず、ポチッと。。。

追加手順説明

追加手順説明

実際に容量を減らすには

iPhoneの中の写真アプリの中のアルバムの最近削除した項目の中の写真を

消してやる必要があります。

これでiPhoneの中の写真と動画は

Google フォトにバックアップされ容量をあまり食わない状態で

圧縮され、

Windows & Mac & iPhone & Android & iPadで

サクサク閲覧出来る状態になりました。

次期iPhone 7は?

次期、iPhone 7?からはiPhoneでの撮影でもRAWファイルで撮影出来るようです。

そんな時代にはAppleもRAWファイルはMacで管理、

JpegはGoogle Photoで管理とか

柔軟に対応してくれると嬉しいです。

昔のiPhoneのようにMAPや良いサービスは

Googleを採用してくれればユーザーは幸せなんですが。。。

AppleとGoogleで仲良くしてくれませんかね。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告