BeatsX 1ヶ月使い倒して再レビュー

シェアする

BeatsX 1ヶ月 使いました。

今までのBluetoothイヤホンでベストの出来

ハンズフリー時代からBluetooth利用

過去、何台も購入して使っていました。

iPhone 3GSからBluetoothで音を聞いています。

最初は音楽の為ではなく、電話の為です。

ハンズフリー機能を利用するために。それとたまにPodcastかラジオを聴くためです。

中国にいましたのでiPhoneを出来るだけカバンの中にしまったまま、

使いたかったのです。防犯的にもその方がいいから。

ハンズフリー用のヘッドセットは下記のようなものを使いました。

PLANTRONICS

PLANTRONICS

  1. PLANTRONICS Bluetooth イヤーピース Discovery 925
  2. Xiomi Mi Bluetooth headset Black
  3. iBUFFALO BSHSBE33BK

その時からも問題点は同じです。

電池が持たない、リモコンの反応が遅い

Bluetoothイヤホン歴

Bluetoothのイヤホン歴は下記の通りです。

  1. Jaybird BlueBuds X Bluetooth
  2. Beats by Dr.Dre Powerbeats2 Wireless Bluetooth
  3. SONY カナル型ワイヤレスイヤホン MDR-AS800BT/L
  4. Beats by Dr.Dre Studio Wireless(ヘッドホンなので番外)
  5. Klipsch R6 Bluetooth

2013年からなので、iPhone 5くらいから音楽をBluetoothで

聞いていることになります。

歴代のBluetoothイヤホンを使っても、問題点は

電池の持ちとリモコン操作の遅れです。

特にSiriが全く快適に使えないというのは致命的でした。

2017年ついにBeatsX登場

完全にAppleによる再設計とW1チップの恩恵

BeatsX ブラック レビュー
待ちに待ったから、ゆっくりBeatsX レビュー 巷でも人気のようですでにたくさんのブログレビューやYouTubeレビューが出ています。 ...
AirPodsやBeatsXに搭載のW1チップのBluetoothについて
BeatsXを待ち焦がれる中で期待すること AirPodsやBeatsXに搭載のW1チップについて 分かっている特徴 低電...

以前の記事にも書きました。

本当にW1チップ様様です。

ペアリングも簡単です。AirPodsと同様ですね。

今回、BeatsXは購入当日から不満点が少ないイヤホンでした。

BeatsX 1ヶ月再レビュー

BeatsX ブラックはApple製品のブラック群に似合う

BeatsX

BeatsX

MacBook、iPhone7 Plus、iPad Pro、そして、BeatsXブラック

本当に愛着の湧く色です。

バッテリーがもつ、充電も楽

BeatsX

BeatsX

普段使いの小さめのモバイルバッテリーはSONYの薄型を使っています。

BeatsXの短い専用Lightningケーブルは持ち運びも便利。

iPhone 7 Plusの充電にも共用出来ます。

リモコンは反応が秀悦、Siriもバッチリ対応

BeatsX

BeatsX

歴代Bluetoothイヤホンで解決しなかった不満点。

リモコンの反応が素晴らしい。Siriもサクサク利用可能です。

当然、着信時にリモコンで応答も可能。非常に動作も速いです。

BeatsX

BeatsX

マイクの位置はリモコンの裏です。1つしかないと思われますが、

位置が独自のFlex-Formケーブルによってなのか、

マイクが口元に近いため、ハンズフリーも綺麗に聞こえるようです。

当然、Siriへの指示も的確に行う事が出来ます。

音質やイヤーチップは?

BeatsX

BeatsX

私は通常のMサイズでぴったりです。他の製品利用時は純正のイヤーチップが

うまくフィトせず、コンプライなどのオプションを使うこともありましたが、

BeatsXのイヤーチップは本当に快適です。

装着感も遮音性も適正で非常に優秀です。

音質は昔のBeatsを知っている人には低音が足りない感じがしますが、

低音がなってないのではなく、高音がよくクリアに聞こえるのだと思います。

W1チップの成果でしょうか。AACコーディックでのApple製品との

相性が良いと思います。再生音質が非常に高く、ハイレゾ?と感じるくらいです。

一部レビューにあるFlex-Formケーブルの擦れる音も全くありません。

首に回すように装着すればかなりフィットしているからだと思います。

BeatsX

BeatsX

左右のイヤホンがマグネットでくっ付く機構があるので、

首にぶら下げても紛失し難い等、アクセサリーとしても優秀です。

バッテリーの持ちと充電に関して

1ヶ月のレビューで一番感心した部分がバッテリーです。

本当に驚くほど持ちます。

W1チップの消費電力は通常のBluetoothチップの約3分の1の電力消費とのこと。

今まで使っていたどのBluetoothイヤホンより確実に長く使え、

さらにFast Fuel機能で5分の充電で2時間再生可能です。

ほぼ移動時間で電池切れを心配することは必要なくなりました。

いざ、充電が必要になっても前述の通り、iPhoneと共用の

Lightningケーブルが1本あれば十分。

カバンの中もシンプルな持ち物で済みます。

Class1対応のW1チップによるBluetooth電波の強度

iPhone 7との組合せは特にClass1接続可能になるので

Bluetoothでも100mという驚異的な電波到達距離になります。

通勤時の電車の中でも非常に強く、音楽が途切れることもありません。

札幌へのフライト時に機内でも利用しましたが、ワイヤレスは快適です。

特定の機体では常時Bluetooth利用可能です。

最新機種ですとWiFiも利用可能です。

フライトモードに入れてから、BluetoothだけONしてみましょう。

ワイヤレスイヤホンで快適な空の旅になりました。

キャリングケースも秀悦

BeatsX

BeatsX

こういうシンプルなケースが実際には便利です。

カバンの中にポイっと放り込めてキズ防止になります。

iTunesギフトコード付きで実質、価格も非常に安い

今、Beats製品を買うとApple Musicの3カ月分無料クーポンが付いてきます。

2,940円分のiTunesギフトコードとして利用可能です。

CD一枚分、お得だということです。

14,800円が実質、11,860円ということです。

こんなに素晴らしいBeatsXが1万円ちょっとで買えます。

長期レビューの統括

とにかく、Appleの品質になっており、大満足。

音、使い勝手共に90点。

残り10点は防水対応と電源投入時にiPhoneのロック解除をする必要があることで

少し面倒なことだけが不満ですが、iOSでの対応や次期モデルに期待です。

女性にも使って欲しいし、新入生、新社会人へのプレゼントにも

スマホ時代です。みんなスマホにコードを付けてイヤホンを使っています。

今年、2017年はワイヤレス時代ですので、

女性の皆さんも是非、BeatsXはいかがですか?白もカッコいいですよ。

Beats X

Beats X Copyright © 2016 Apple Inc.

4月からの新入生、新社会人へのプレゼントとしても最適です。

今なら在庫も潤沢になりつつあります。即納可能です。

BeatsX Wirelessインイヤーヘッドフォンは、コンパクトなワイヤレスデザインで、高品質なサウンドを楽しめます。オンラインで購入すると、送料無料でお届けします。

色も4色(ブラック、ホワイト、ブルー、グレー)から選べます。

是非、快適なワイヤレス体験をお楽しみ下さい。

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンクと関連
スポンサーリンク
広告