実はiPhone8より重要なiOS11に関する完全64bit化のメリット

iPhone8よりiOS11の革新が待遠しい

序章はiOS8から

Appleは、2015年2月1日からすべてのAppストアへの申請は、64ビットサポートとiOS 8 SDKでのビルドが必要になると発表しました。

これが序章でした。

iPhone 5Sから搭載されているApple A7は64ビットコードを32ビットコードと比較して30%高速に実行することができます。iPhone 6からのApple A8は、さらに40%以上高速に実行することができます。64bitにするメリットは処理が早くなることです。

iPhoneはすでにほぼ64bit化している。残るはソフトウェアの対応のみです。

iOS10までに主要部分のコードは64bitに最適化されており、搭載されているCPUの性能を生かすことは出来ている。次は32bitアプリケーションの駆逐です。

これによってiOSの中のソフトウェアの容量も削減されます。

iOS10までの現在は言わば32bit&64bitが混在している状況です。

コードはよりスッキリとします。ドライバーも64bit専用だけで済みます。

iOSが完全に64bit化した場合の利点として、32ビットと64ビットバージョンのSDKフレームワークを読み込む必要がないため、全体のメモリ使用量を削減することができます。

iOS10では32bitアプリも動作可能ですが、これが次期iOS11で動作しなくなる予定です。

2017年内にもリリースされるとみられる次期iOS「iOS 11」からは、旧来の32ビット環境で作られたアプリケーションが動作できなくなることが確実視されています。これによりiOSアプリの登場か

開発の止まったままの昔の名作アプリが動作しなくなるだろう。

でも、メリットの方が多いのでその決定は正しいと思う。

iPhoneのCPU遍歴と64bit対応状況

下記の通りになります。

iPhone 4s Apple A5 512MB 32bit
iPhone 5 Apple A6 1GB 32bit
iPhone 5c Apple A6 1GB 32bit
iPhone 5s Apple A7 1GB 64bit
iPhone 6 Apple A8 1GB 64bit
iPhone 6s Apple A9 1GB 64bit
iPhone 7 Apple A10 2GB 64bit
iPhone 7Plus Apple A10 3GB 64bit

iPhone5sより前の機種はiOS11ではサポートされないと予想される。

iPadのCPU遍歴と64bit対応状況

iPad 4 Apple A6X 1GB 32bit
iPad mini Apple A5 512MB 32bit
iPad Air Apple A7 1GB 64bit
iPad mini2 Apple A7 1GB 64bit
iPad Air2 Apple A8X 2GB 64bit
iPad mini3 Apple A7 1GB 64bit
iPad Pro 12.9 Apple A9X 4GB 64bit
iPad mini4 Apple A8 2GB 64bit
iPad Pro 9.7 Apple A9X 2GB 64bit
iPod touch 6世代 Apple A8 1GB 64bit

こちらもiPad Air前の機種はiOS11サポート外と予想される。

iOS10.3はiOSの集大成になる

以前から今年、2017年のAppleの最大の革新目玉とお伝えしている

WWDC 2016とApple FileSystemへの期待
WWDC 2016 私も夜寝ないで見ました。 新しいハードウェア(特にMacBookPro)の発表が無く、 がっかりされた人も...

Apple File System (APFS) は64bit必須の次世代ファイルシステムです。

Appleが32bit対応の最終iOS10.3で

急いでApple File System (APFS) を対応させてきたその理由は集大成だからです。

これで以前のiOSとアプリケーションとの橋渡しは整いました。

今後のiOSでは

CPU 64bit Apple A7以降、内蔵メモリ 1GB以上の機種で最適な

動作をするようにiOS11とApple File System (APFS) を

全開でチューニングしてくるようになるでしょう。

すでにApple File System (APFS) が搭載されたiOS10.3ですら、

iOS10.2に比べてレイテンシー(動作の遅延)が低いと感じます。

iOS上で複数のアプリを切替える動作が非常に早くなっています。

iOS10.3 PB5

iOS10.3 PB5

iOS11ではされに速度、安定性の向上が望めることになります。

Android陣営に対して、また、Appleは1歩先へ進むことが可能なのです。

一般ユーザーのiOS11への願い

大半のユーザーはAppleのデバイスが32bitだろうと64bitだろうと関係ありません。

そんなことは全く意識していないのです。

CPUがなんであろうと関係ないのです。

そのためにAppleはiOS11でも64bit対応を前面で謳うこともないでしょう。

普通に使っている人たちは下記のような願いがあるでしょう。

  • 今のiOS10よりもっと快適にアプリを動作させたい
  • よりセキュリティが高く、安全に使いたい
  • 撮影した写真や音楽などのデータをスムーズに管理したい
  • iPhoneの中の容量をもっと空けたい
  • 何も意識しないで長年安定して利用したい

iOSとmacOS等のAppleのOSは上記のユーザーの願いを

誰にでも簡単に使えるレベルに洗練して、提供してくれることでしょう。

WindowsやAndroidが最新のOSバージョンの移行に手間取り、

そのソフトウェアの最適化に戸惑っている間に

Appleは着実にハードとソフトウェアを全面的に64bit化しています。

我々ユーザーはその恩恵を受けるだけです。

今年、秋もiOS11の革新に期待しましょう。

32&64

32&64

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンクと関連
スポンサーリンク
広告