AirPodsじゃなくてBeats Xにしちゃうかも

あんなに憧れてたけど

見れば見るほどAirPodsが非実用的に思えてきた。1日でほぼ電話もしない。音楽やニュースを聞く時間の方が多い。

それならばこっちの方が良くないだろうか?

Beats X

Beats X Copyright © 2016 Apple Inc.

そう、パートナーが欲しい

BeatsXイヤフォンは、あなたの毎日にワイヤレスでフィットする完璧なパートナーです。

最大8時間駆動するバッテリーを備えているので、クリアで本格的なサウンドをたっぷりと楽しめます。Fast Fuel機能を使えば、5分の充電で約2時間再生することもできます。

ユニークなFlex-Formケーブルは、一日中身につけられる快適さと、ポケットサイズの持ち運びやすさを両立。イヤーチップはあらゆる人に合うように複数のサイズが用意され、耳にしっかりとフィットするウィングチップが安定性をさらに高めます。

フィット感は大切だ。

Boseのイヤーチップも捨てがたいがQC30は少し大きすぎる。5分の充電で2時間聞けるのは移動時に使う人には最高だ。

ワイヤレスはこうあるべきです

セットアップは電源を入れてあなたのiPhoneに近づけるだけで完了するのでとても簡単。しかも、あなたのApple Watch、iPad、Macとも同時につながります。Apple製品を使ってる人はペアリング動作がほぼ不要です。また、デバイス毎で自動に切り替わってくれる。これは最高だ。体験したい。

あなたの毎日にフィット

音楽を楽しんでいる時も、首にかけている時も、BeatsXは驚くほど洗練されていて、つけ心地が快適なので、一日中ずっと身につけていられます。

ユニークなFlex-Formケーブルが柔軟なフィット感をもたらし、イヤーチップはあらゆる人に合うように幅広いサイズが用意されています。耳にしっかりとフィットするウィングチップを使えば、安定性をさらに高めることもできます。

身につけていない時は、マグネット式のイヤーバッドがイヤフォン同士のからまりを防ぐので、簡単にケーブルを巻いて持ち運べます。デザインが美しい シンプル 絡まない 充電はLightningケーブルなのがいい

試したいこと

W1チップ搭載でSiriの呼出が早いかどうか。大半のBluetoothイヤホンで問題なのがSiri操作のレスポンスが遅いこと。ここがアップルの今回のW1チップで早くなってれば嬉しい。

デュアルビームフォーミングマイクロフォンはAirPodsだけ搭載でBeatsXのマイクは多分、1個だけだろうけど、歩きながら電話する時間は少ないからこれは良しとしよう。

12月16日に発売開始?

とある中国サイトで情報があります。12月16日がXデーかも。予約出来ないみたいでいきなり発売開始かも知れないけど、AirPodsを買う気満々だったから、そんな私はBOSE QC30も諦めてBeats Xを迎える準備です。

  • AirPods 16,800- ホワイトしかない
  • BeatsX 14,800- ブラックがある

決めた。BeatsXだ。

いつでも準備万端

RemoteTalkを使えば、内蔵されたマイクで電話に出たり、音楽を再生したり、音量を調整したり、Siriを起動することもできます。

操作がとても簡単なので、あらゆる切り替えはいつだってシームレス。BeatsXは、あなたの毎日にワイヤレスでフィットする完璧なパートナーです。これでBeatsXに切り替えてクリスマスソングを聴きまくるぞ。

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告